アクツナカノ税理士法人 大阪事務所
税制改正

 生命保険料控除の改正

 平成24年分の所得税から生命保険料控除の改正が行われ、従来の一般生命保険料控除、個人年金保険料控除と別枠で、介護医療保険料控除という枠が設けられました。
 平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に係る保険料と平成23年12月31日以前に締結した保険契約等に係る保険料では、生命保険料控除の取扱いが異なります。

(1)平成24年1月1日以後に締結した保険契約等(新契約)に基づく場合の控除額


年間の支払保険料等 控除額
 20,000円以下  支払保険料等の全額
 20,000円超 40,000円以下  支払保険料等×1/2+10,000円
 40,000円超 80,000円以下  支払保険料等×1/4+20,000円
 80,000円超  一律40,000円


(2)平成23年12月31日以前に締結した保険契約等(旧契約)に基づく場合の控除額


年間の支払保険料等 控除額
 25,000円以下  支払保険料等の全額
 25,000円超 50,000円以下  支払保険料等×1/2+12,500円
 50,000円超 100,000円以下  支払保険料等×1/4+25,000円
 100,000円超  一律50,000円


(3)新契約と旧契約の双方に加入している場合の新(旧)生命保険料又は新(旧)個人年金保険料は、生命保険料又は個人年金保険料の別に、下記のいずれかを選択して控除額を計算することができます。


@ 新契約のみで生命保険料控除を適用した場合、上記(1)に基づき算定した控除額

A 旧契約のみで生命保険料控除を適用した場合、上記(2)に基づき算定した控除額

B 新契約と旧契約の双方について生命保険料控除を適用した場合、上記(1)に基づき算定した新契約の控除額と上記(2)に基づき算定した旧契約の控除額の合計額(最高4万円)


(4)(1)〜(3)による各控除額の合計額が生命保険料控除額となります。なお、この合計額が12万円を超える場合には、生命保険料控除額は12万円となります。



(5)具体的計算例


@ 旧契約の一般保険料10万円と新契約の介護医療保険料4万円と旧契約の個人年金保険料10万円の場合
 (イ) 旧契約の一般保険料の控除額 5万円
 (ロ) 新契約の介護医療保険料の控除額 3万円
 (ハ) 旧契約の個人年金保険料の控除額 5万円
   (イ)+(ロ)+(ハ)=13万円>12万円(限度額)    ∴ 控除額12万円

A 旧契約の一般保険料3万5千円と新契約の一般保険料10万円
 (イ) 旧契約の一般保険料の控除額 3万円
 (ロ) 新契約の一般保険料の控除額 4万円
   (イ)<(ロ)(4万円を限度に旧契約と新契約の合計で控除)    ∴ 控除額4万円

B 旧契約の一般保険料9万6千円と新契約の一般保険料10万円
 (イ) 旧契約の一般保険料の控除額 4万9千円
 (ロ) 新契約の一般保険料の控除額 4万円
   (イ)>(ロ)(旧契約の控除額が4万円以上の場合5万円を限度に旧契約の控除額のみで控除)
∴ 控除額4万9千円 



作成日 平成24年11月1日


  税制のTOPへ戻る
アクツナカノ会計グループ 〒532-0011 大阪市淀川区西中島4丁目7番12−103号
TEL 06-6304-1477  FAX 06-6304-1414
E−mail osaka@actnakano.com