アクツナカノ税理士法人 大阪事務所
月報

 花見の宴も何処へやら・・・


 今年の冬は除雪をした日が記憶では1日だけという「超暖冬」で、雪国で生まれ育った方々には、季節感のない冬の日々を過ごされたのではないでしょうか。それでも、4月に入り、金沢城公園や兼六園などの桜が目に優しく華やかに映るとともに、真新しいスーツに身を包んだ新社会人や新しい制服を着た高校生や中学生も目に映る季節となりました。



 しかし、残念ながら心が浮き浮きする目に映る風景とは裏腹に、世界中に広がっている『新型コロナウィルス』の影響で、日本においても、企業や大学では入社式や入学式が中止あるいは延期に追い込まれることとなり、期待に胸を膨らませていた新社会人や大学の新入生にはがっかりされていることとご推察いたします。

 また、新型コロナの影響で、日本中の皆さんが楽しみにしていた『2020東京オリンピック・パラリンピック』も延期になるとともに、経済面では日本経済はもとより世界経済に大打撃を与えています。人々の移動が、日本国内のみに止まらず、各国において大きく制限されていることにより、日本においては、外国人旅行客の落ち込みに加え、人々が集まることも自粛要請されていることから、ホテル等の宿泊業、飲食業及び旅客関連業あるいはイベント業界等々が大打撃を受け、「この厳しさを乗り切れることができるかどうかの瀬戸際・・・」というマスコミ報道が目につきます。

 毎日の新聞やテレビ報道を見ていると"新型コロナ"のニュースに加え、春の選抜高校野球の中止、プロ野球、サッカー、ラグビー等々のスポーツが延期や中止に追い込まれるなど、お先真っ暗のニュースばかりの中で、先日、大相撲春場所(大阪場所)で活躍した富山県出身の『朝乃山』が大関に昇進しました。富山県出身者が大関になるのは、なんと"111年ぶり"ということで、富山県の地方新聞は1面トップ記事で大きく取り上げるとともに、朝乃山の特集記事を連日掲載し、日々楽しく嬉しく読んでいました。普段から何気なく見ているスポーツ記事やスポーツ中継ですが、やはり、スポーツには人々を元気にする力があるのかもしれません。

 ところで、新型コロナの影響により、税務の世界では、申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限が令和2年4月16日まで延長されました。過去には阪神淡路大震災や東北大震災による地域を限定した申告期限の延長はあったのですが、日本全国一律の期限延長は初めてではないかと思われます。新聞報道によれば、今後も税制面での手当てが議論されているようですが、まだ詳細が分からないので紙面に載せることはできませんのでご容赦ください。

 当事務所の職員も、税務に関する新しい情報を入手することに努力し、皆様のお役に立てるよう頑張りますので、この難局を乗り切っていただきますようよろしくお願いします。


  バックナンバーへ
アクツナカノ会計グループ 〒532-0011 大阪市淀川区西中島4丁目7番12−103号
TEL 06-6304-1477  FAX 06-6304-1414
E−mail osaka@actnakano.com