アクツナカノ税理士法人 大阪事務所
業務案内


相続対策の第一歩は先ず想定相続財産を調べ相続税がどの程度課税されるかを知ることです。

その為に、しなければならない対策は

<相続財産を次の世代へ円滑に承継するための対策>
せっかく子供達の為に残した財産が争いの種になってはなにもなりません。
相続財産を円滑に次世代に承継し、後継者の事業経営や農業経営などに支障が起こらないように、事前(生前)の準備をしておくことが必要です

想定相続財産は次世代の事業等の後継者やそれ以外の相続人の相続に適した財産であるか
検討し、相続財産となる想定相続財産を調べ、相続税の予想額を試算します。

<相続財産の事前承継や評価額を減少させ相続税を減少させるための対策>
収益性の高い不動産は新たな相続財産を生み出しますし、発展・成長している同族会社の株式
は相続財産の評価額を増加させます。
これらの財産を事前に低コストで次世代へ移転することによって、想定相続財産の上昇を切断
し、相続税の負担の軽減を図ることを検討します。また、想定相続財産の構成を整理し評価額
の減少を検討します。

<相続に伴う納税資金を確保するための対策>
相続財産のほとんどが評価額が高い不動産や中小企業の株式であり、流動性のある財産が少
ない場合には、相続税を納付することが困難となります。
相続税の納付のために不動産の譲渡や物納も考えなければならない場合もあります。
想定相続財産の構成を整理し、納税資金を確保するための財産構成を検討します。
            



 事業承継対策とは、企業の経営を事業後継者に円滑に承継するための対策です。

<株式を次世代の事業後継者に円滑に承継しなければなりません>
円滑な事業承継とは、後継者に株式(経営権)を円滑に承継するとともに、後継者が承継した
会社(経営権)をより発展させることが出来るものでなければなりません。
株主構成を整備して円滑な事業承継に備えなければなりません。
まず、貴社の株主名簿の検討から始めましょう。

<株式はより低コストで次世代へ承継されなければなりません>
成長・発展している会社の株式は高い評価額ですし毎年その評価額は上昇します。
事前に、オーナーの所有する株式を後継者に低コストで移転することにより、評価額の上昇を
切断することができます。
また、株式の評価額の上昇を抑える方策を講じておかなければなりません。

<納税資金の確保>
成長・発展している会社の株式の評価額は高額になり、相続税も高額になります。
生命保険金による死亡退職金の支払や金庫株を利用した納税資金の確保、株式以外の他の
想定相続財産の構成を含めた、相続税の納税資金の計画を予め準備しておかなければなり
ません。

     先ず、貴社株式評価額や相続財産調べをして相続税額の予想額を調べましょう。             
  
  業務案内TOPへ戻る
アクツナカノ会計グループ 〒532-0011 大阪市淀川区西中島4丁目7番12−103号
TEL 06-6304-1477  FAX 06-6304-1414
E−mail osaka@actnakano.com